消費者金融というのは安心して利用出来るかどうかが重要となっています。安心できるかというのはどの部分で考えればいいのかわからないと思いますが、自分が思っているようなことに背くことをしないかどうかで判断するといいでしょう。実は消費者金融というのは悪いことをしてしまうこともあるため、それを避けるための努力を自分でしなければなりません。出来る限り問題が起こらないように調整することが重要となります。

更新日:2016/10/01

祝日にお金を借りる時は運転免許証を持参して自動契約機で

消費者金融の申し込み方法は店頭窓口、自動契約機、インターネットなどがありますが店頭窓口は平日しか営業していないので祝日にお金を借りる場合は自動契約機かインターネットで申し込まなければいけません。ただし自動契約機にも営業時間があるのでお金借りたいと思ったら申し込む前に確認しておかなければいけません。

自動契約機に持参しなければいけないものは本人確認書類で運転免許証は必ず必要になります。また多額の借り入れをする場合は収入証明書がいるかもしれません。業者によって金額が違ってくるので申し込む前にしっかり確認しておかなければいけません。また収入証明書は用意するのにも手間がかかるので多額の借り入れをする時は前もって用意しておいた方がいいでしょう。

消費者金融はメガバンクの傘下に入っている業者が多いのでサービスはすごく充実しています。例えばプロミスは三井住友銀行の傘下に入っているので申し込みをする時は三井住友銀行のローン契約機で出来たりしてしまいます。銀行だと消費者金融に申し込んでいるとは思われないので周囲を気にする必要もなくなります。


郵送物の扱いに気をつけよう

消費者金融を利用した時に一番困るのは郵送で何かが送られてくることです。電話連絡は携帯にしておけば問題はありませんが、郵送に関しては誰かが受け取ってしまうと利用していることがばれてしまいます。これでは秘密にしておきたいのに出来ない状態となってしまい、消費者金融を利用しているということで叱責されることもあります。そのため郵送物を送ってこない会社を利用することとなります。

一番問題なのはカードを受け取る時です。キャッシングに利用するカードを受け取る場合は郵送という扱いになりますが、自動契約機で発行するという話をしておけば送られてきません。そのため近くに自動契約機があるならそれを利用した方がいいのです。

郵送でカードが送られてくる場合、受け取りには家族の方か自分がいなければなりません。この時に他の人が受け取ってしまうと面倒なこととなってしまうので、出来る限り自分が受け取って隠せるような状態を作っておくことが必要なのです。

郵送物は他にもダイレクトメールなどがあります。こうした物を郵送してくる会社というのは信頼できるわけがありません。色々な情報は別の方法で確認すればいいだけなので、出来る限り何かを送ってくることはしない会社選びをして欲しいと思います。それが一番信頼出来るという部分に繋がって、利用して良かったと思えるようになります。



弁護士による受任と2つの注意点

人々は、たまに弁護士に相談をしています。事例は色々ありますが、離婚や過払い請求などの件数が多いです。相談をする流れですが、まずは事務所などに電話をして、簡単な話をする事になります。それで状況によっては、事務所にて打ち合わせなども行う訳です。

そしてお互いが同意したら、今度は弁護士による受任手続きになります。つまり、ややこしい問題を弁護士に任せるという手続きを行う訳です。過払い請求などは、そのメリットはとても大きいです。弁護士が案件を引き受ける事により、金融会社からの督促などもストップします。催促で精神的な負担が大きい時には、受任手続きは魅力的です。

ただしその際には、いくつか注意点もあります。まず1点目ですが、そもそも依頼受け付けを実施中か否かです。弁護士によってはとても忙しく、実施をしていない事もあるので注意が必要です。 それともう1点は、徒歩の分数です。駅から歩いてどれ位なのかは、きちんと確認しておく方が無難でしょう。


お金を借りる以外に何かあれば更に良し

基本的に消費者金融というのはお金を借りるために利用するものですが、他のサービスを行っている場合もあります。こうしたサービスをしっかり見ておくと、もっと使いやすい会社だと思えることが多くなります。他のサービスにもしっかり目を向けておき、何か自分のためになるようならそれを利用するという方法もあります。出来る限り借りるだけの会社ではなく、他に何かできることがあれば一緒にやっておくという形で利用した方がいいのです。

この時に考えられるのが何らかの優遇措置を受けることが出来たり、別のカードを発行出来るというものです。一部の会社では色々な会社と提携を行っており、特定のサービスを利用すると優遇されるということもあります。ただこの場合はキャンペーンという形で提供されていることが多いため、時期を過ぎると利用できなくなることがあります。

一方別のカードを発行することが出来るというのは、クレジットカードが発行できるアコムのことを指します。この会社はクレジットカードをすぐに手に入れることが出来るので、より便利だと感じられることでしょう。こうして自分が使いやすい会社を選ぶこともまた必要なことだと思います。



レイクは借入返済に手数料が掛からず長期借入もしやすいです

長期借入を見据えてお金借りたいと思った場合は、なるべく利息負担の少ないキャッシング会社と契約するのが理想です。利息負担の少ないキャッシングと言えば、消費者金融より銀行カードローンのほうが条件がいい訳ですが、レイクなら初めての契約の特典として無利息借入が適用できるので、

返済期間を短縮できる効率良い借り方ができます。レイクの無利息プランは1か月と180日間どちらかのコースを選べ、前者ですと借りた金額全部に対して金利ゼロのカードローンになります。後者なら5万円だけが対象です。

どちらのプランを選ぶかはレイクのホームページで利用金額を入力するだけで自動的にシミュレーションしてくれるので、自身にとって一番堅実な借入方法が選べる事は間違いありません。

又、レイクの場合は手数料は一律ゼロ円でコンビニや自社ATMで自由に借入返済できますし、深夜でも思い出した時にお金を掛けずにネット返済も可能です。レイクの即日振込サービスを申し込みたい時は、平日の午後3時前までに書類審査をパスする必要があるので、遅くても午前のうちにインターネットから審査の申込みを完了させておく事が必須です。

ちなみに再就職したばかりで勤続年数が少ない場合や、年収が少ない主婦パートに関しては、即日融資を提供する条件として契約額が30万円以内に抑えられる場合もあるので、十分了承した上で借入審査に臨むのがベストです。


返済を遅延した時の対応にも注目

消費者金融を利用している時に考えるのは、返済が遅れたらどうしようということです。返済が遅れてしまった場合は遅延という扱いとなり、金利が強制的に高くなってしまいます。また電話連絡によって督促を取る会社が多く、これによって利用していることが知られてしまうのです。しかし自分から遅延するかもしれないと言った時に、黙ってくれる会社があるならそれは使いやすいポイントとなってくれるはずです。

自分から送れそうなのでちょっとだけ待って欲しいということを伝え、督促に関しては行わないようにして貰うことは可能です。この状態を作ってしまえば、とりあえず家族や会社に電話連絡が行くことはなくなります。これでも連絡してくるようなら完済後に会社を変えた方がいいでしょう。督促をして貰わない間に返済を行い、家族や知人に遅れることを知られないようにしてくれるのもいい会社のポイントなのです。出来ればそんな状況を作ることは避けたいものですが、仕方ない場合もあります。

遅延した時の対応というのは消費者金融で分かれる部分でもあります。電話連絡をした時にそれに応じてくれることもあれば、そのようなことは知らないと言われてしまい督促を受けることもあります。これは事前に知ることが出来ないので、申込みの際に確認をしておくといいでしょう。それによって遅くなっても安心できるのかどうかが変わってきます。電話連絡で対応しますということなら申込みを途中で止めてしまうか、発行した後で別の会社を作って変えてしまうのも1つです。とにかく遅延した時に電話連絡をしないで対応してくれる会社を見つけることが第一だと思います。

もし遅延しそうだったらとりあえず連絡をかけて、消費者金融側に何もしないように説得することも必要となります。誰かに知られてしまうとそれまでとなってしまいますし、折角の苦労が水の泡です。出来る限り対応力のある会社を利用した方がいいでしょう。